7月です。

7月に入りました 

 7月に入りましたが、まだまだ新型コロナに振り回されています。ワクチン接種は、個別接種の他、当初予定されていた保健センターに加え、市立体育館や蓬らい殿で集団接種が行われていることにより、高齢者への接種が順調に進んでいるように見えます。他都市ではファイザー製ワクチンが希望通りに調達できないという事態も出ているようです。また、企業や大学などで1日も早く接種するために国からも要請されていました職域接種は、予想以上に予約が殺到しモデルナ製ワクチンの供給量が追い付かないという理由で、6月25日をもって申請が打ち切られました。 

 室蘭では65歳以上の高齢者への接種は7月末までには完了する見通しであり、その後の優先接種は、高齢者施設等介護従事者、その次に基礎疾患のある方と保育所や児童センターなどの子ども預かり機能を有する施設の職員を対象に接種をするようです。その後に64歳以下の市民を対象に年齢の高井順から予約を開始する予定となっているようです。 

 国内では、沖縄以外の都道府県で緊急事態宣言が解除され、7月11日までまん延防止措置に移行されました。北海道では札幌を含め新規感染者数が減少していますが、東京においては、リバウンドが明らかとなり感染拡大状況に入ったようです。人流が増大していることに加え、世界的にも拡大傾向にあるデルタ株が日本でも拡大しつつある中、いよいよ東京オリンピックが開催されます。 

 1年延期された東京オリンピックは開会式が23日、21日から開始される競技もあります。東京における感染拡大状況を踏まえて観戦者どうするのかまた、すでに入国した選手団から感染者が出て同行した職員が濃厚接触者なったことや、他にも入国の際に特例で隔離を免除された選手団や関係者から感染者が出ているなど、すべての対応について後手後手の感が否めませんが、何としても国民をはじめすべての人の命を守る安全安心のオリンピックとしていただきたいものです。 

 室蘭市では昨年に引き続き港まつりをはじめとする各種イベント・お祭りが中止となっています大変残念ではありますがマスクの着用をはじめとする感染防止対策を取り、感染しない・させない行動が求められています。 

 新型コロナ感染症の収束が見通せずまだまだ大変厳しい状況ですが、今後とも室蘭市の元気を取り戻すために皆さんと共に頑張ってまいります。 

 

 

 

6月です。

 6 月に入りました。

 9つの都道府県に531日まで発出されていた緊急事態宣言は、沖縄への宣言と同じ620日まで延長されました。

 北海道への宣言は516日から発出されており、多くの皆さんが当初から5月末での宣言解除は難しいと思っていたと思います。

 北海道をはじめ他都府県もようやく新規感染者数が減少傾向となってきたようですが、都市部では宣言の長期化に伴っての慣れや若者を中心とした路上飲みや飲食店への協力金等の支払いの遅れにより閉店に追い込まれたお店や生き残りのため要請に対して協力できないとするお店が出てきているなど、今後の宣言の効果が疑問視されている現状もあります。

さらに、宣言解除の具体的な数値等が示されておらず、もし、中途半端な状態で解除となった場合のリバウンドも非常に心配です。

 一方で、新型コロナウイルス感染症拡大防止の期待が大きいワクチン接種については、少しずつではありますが、広がってきています。

 室蘭市においては、医療従事者や高齢者施設の入居者に続き65歳以上の高齢者に対して順次行われています。接種券の発送も初めに85歳以上、その後予約状況等を見ながら5歳刻みで順次発送することになっており、個別接種が本日から、集団接種については今週末から始まりますが、今のところ予約等において大きな混乱は無いようです。ただ、希望するすべての人が2回接種されるまではまだしばらく掛かりますので、引き続きマスクの着用、手指消毒をはじめとする感染対策をしっかりと行い、感染しない、させないことを心掛けて生活しましょう。

 さて、議会では 14日から第2回定例会が開催されます。

 10日 議会運営委員会

 14日 本会議

 17.18.21 日 質疑・一般質問

 22日 総務常任委員会

 23日 民生常任委員会

 24日 経済建設常任委員会

 25日 予算審査特別委員会

 28日 議会運営委員会

 29日 本会議

の日程となっています。

 

 引き続き大変厳しい状況ですが、今後とも室蘭市の元気を取り戻すために頑張ってまいります。

 

 

5月です。

 昨年に引き続き、自粛の中のGWとなりました。 

 昨年全国に発出されていた緊急事態宣言は、5月6日現在、大阪などの関西圏及び東京の4都府県に留まっていますが、新型コロナウイルス感染症の拡大は、英国型の変異株に置き換わってきており、まん延防止等重点措置を発出している県においても感染拡大が収まらない状況になってきています。 

 北海道においても、札幌を中心とした感染拡大に歯止めがかからず、政府に対してまん延防止等潤典措置を適応するよう要請することを決定しました。 

 さらに、GW期間中に集中的に対策を講じるとしていた緊急事態宣言は、5月11日までの期間を2週間から1ヶ月延長する方向で検討されているようです。 

 英国型の変異株については、これまでより感染力が強いことから若年者への感染拡大やあまり重症化しなかった4~50代が重症化すると言われていますし、さらにインドで感染爆発しているように英国型よりも感染力が強いと言われているインド型の変異株が蔓延することになると恐ろしいことになってしましいます。 

 現在唯一の希望と言われているワクチンについては、室蘭市においても、総合病院の医療従事者に続き、消防職員や保健所、診療所などの医療従事者への集団接種が行われ、高齢者についても施設入居者から行われ、月末からは、順次一般高齢者に対象を広げて摂取する予定となっているなど、徐々に進んではいるものの、希望する全国民の接種が完了するまでにはまだ時間を要するようです。 

 未だに猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症ですが、マスクに手洗い、ソーシャルディスタンスを保つ、密を避けるなどのコロナ対策を講じ、感染しない・させないを心がけて生活するしかありません。みなさん、頑張りましょう。 

 

 さて、室蘭市議会では、4年任期の2年で議会人事を交代することが慣例となっています。来週から各派の代表者が集まっての交渉会を数度行い、21日開催予定の臨時議会において決定する運びとなりますので、私の議長任期もあと少しとなりました。 

 新型コロナ感染症の収束が見通せず大変厳しい状況ですが、今後とも室蘭市の元気を取り戻すために頑張ってまいります 

 

 

 

4月です。

 2021年度(令和3年度)がスタートしました。

 例年になく寒かった冬も終わり、すっかり春めいてきました。今年の桜の開花は早そうです。

 室蘭市役所では、病院を除き、部長職4名、課長職3名、課長補佐職3名が昇任、部長職1名の採用、また、事務職9名、保健師1名、技術職(建築)1名、消防職4名の15名の新人が加わるなど、新たな体制がスタートしました。

 部長職採用の1名は、市内中学校の校長先生であり、以前に教育委員会指導主事としての勤務経験もある方で、今までの経験を生かして、本市の教育行政の発展に寄与していただけるものと期待しています。

 さて、新型コロナウイルス感染症の日本国内での発症から1年が過ぎましたが、未だに終息のめどは立たず、緊急事態宣言を解除した大都市圏においては、大阪府と兵庫県、また、県独自の緊急事態宣言をは発出していた宮城県において、感染拡大の状況を踏まえ、今日にもまん延防止等重点措置を全国で初めて適用される見通しとなっています。

 緊急事態宣言により一旦は感染者が減少傾向にあったものの、桜の開花とともに街中へ繰出す人の増加や感染力が強いと言われる変異株による感染拡大の影響なのか、全国的に感染者が増加傾向となっています。

 また、医療従事者からワクチン接種が始まりましたが、高齢者への接種はワクチンの確保が思うようにいっておらず、遅れているのが現状です。日頃のマスク着用や手洗いなどの習慣は身についているとは思いますが、密を避ける、ソーシャルディスタンスを保つことは勿論のこと、会食や会話時等の飛沫に十分注意し、それぞれが感染しない、させないことを念頭に生活することが重要です。

 

 我々の任期も今月で半分が過ぎますが、新型コロナ対策をはじめ室蘭市の課題は山積しています。人口減少対策、市立病院をはじめとする地域医療等々の課題に対して、今後とも皆さんと共に安全・安心の室蘭とするため、室蘭の元気を取り戻すために頑張ってまいります。今後共のご指導をよろしくお願いいたします。

 

 

3月です。

 3 月に入りました。 

 今年は室蘭でも最低気温が-10度を超えるなど、例年になく非常に寒い日が多い冬となっています。降雪量も例年より多く、いつも雪不足で苦労していた「だんパラ冬まつり・市民雪像雪まつり」がもし開催されていればと思わずにはいられませんが未だに新型コロナ感染症の影響が収まりません。 

 ワクチン接種もようやく医療関係者から先行接種が始まりましたがワクチンの確保が思うように行かず、当初のスケジュールから後ろ倒しになってきています。1日も早く希望するすべての人が接種出来るようになることを望みますが、今のところは、それぞれが感染防止対策をとって感染しない・させないことを意識して生活していくことが重要です。 

 さて、室蘭市議会は2月26日から開会しており、今後、新型コロナ感染症にかかわる緊急対策としての感染症拡大防止の取り組みや事業活動継続のための緊急的支援をはじめ、今後の室蘭市を方向付ける各予算案を中心とした議論が展開されます。 

 今後の議会日程は、 

4. 5 日 一般質問(代表制) 

10.11 日 質疑・一般質問 

12日 総務常任委員会 

15 日 民生常任委員会 

16 日 建設常任委員会 

17.18.19 日 一般会計予算審査特別委員会 

22.23 日 特別会計予算審査特別委員会 

24 日 議会運営委員会 

25 日 本会議 

となっています。 

 室蘭市議会では議長をはじめ議会人事を2年で交代することとしておりますので今定例会が議長としての最後の定例会となりますあっという間の2年間でしたが最後までしっかりと務めてまいります 

 

 

 

ダウンロード
2021 2月.pdf
PDFファイル 260.7 KB
ダウンロード
2021 1月.pdf
PDFファイル 765.6 KB